刀剣乱舞 花丸 幕間回想録

 

感想

安定と清光のファンにはもちろんおススメですが、他の刀剣男士ファンであっても観に行くことをおススメしたい映画です。

今回の映画は、2016年の秋にやっていた同作品のアニメシリーズの総集編であるため、去年このアニメを見ていた人にとっては「そういえばこんなシーンあった!」と楽しめるものだと思いますね。

家庭用のテレビではなく、劇場の大画面で見る刀剣男士たちはかなり格好いい、あるいは可愛いです。

戦闘シーンも入っているのですが、大画面で好きなキャラが動くのは、テレビで見るよりも見応えがありました。

特に池田屋の戦闘シーンは、それぞれのキャラの格好良さが目立ちました。

 

そして可愛さの面でいえば、短刀たちが可愛いです。

とはいえ今回の映画は、公式でも言及されているように安定と清光がメインなので、そこまで短刀たちの出番が多いわけではありません。

しかしながら短刀たちが出てくるシーンはどれも可愛いですし癒されるものばかりでした。

それにしても振り返ってみれば、乱くんは本当に男の子には見えないような可愛いキャラだなぁと思いました。

もし見れるなら、彼の戦闘シーンも見てみたいものですね。感想

感想

テレビアニメ刀剣乱舞−花丸−の総集編。話の流れが分かりやすいまとめ方で、二期開始前の予習に最適な映画でした。

沖田刀推し、特に加州推しには見て欲しい作品です。

本編は大和守の視点がメインだったので、各シーンの加州のモノローグがとても印象的でした。

大和守の手紙を読んだ加州の視点から前作を振り返るという内容なので、残念ながらキャラの出番は大分偏ってます。

が、全員きちんと出番はあります。一期に出ていたキャラなら「推しの出番が無い!」ということはありませんので、安心して見てください。

沖田刀推し以外で見ることを強くオススメするのは、燭台切推しと長谷部推し、あとは粟田口推しでしょうか。

特に、燭台切・長谷部推しの皆さん!

「例のあのシーン」を大画面で拝めるチャンスですよ! ぜひ映画館で見てください!

映画館では大きな声を出してはいけないので、笑いをこらえるのが大変でした…。

そしてエンディングの「花丸日和47振りver.」。

多くは語りません。刀らぶファンならぜひ聞いてください。

この映画で、二期がさらに楽しみになりました。

短期間上映なのが本当に惜しいです。

二期を見る予定がある方は、ぜひ映画館に足を運んでくださいね。感想