ズートピア

長い間ディズニーのアニメーション映画を見ていなかった私がズートピアを見てみようという気になったのは、CMに登場する動物たちが皆魅力的だったからです。

舞台は肉食動物と草食動物が暮らす街、ズートピア。

新米警察官でウサギのジュディと詐欺師でキツネのニックが大活躍する物語です。

肉食動物と草食動物という違いによって最初こそ対立していた二人ですが、数々の困難を乗り越えるうちに確かな絆が芽生えていくのです。

いつしか互いがかけがえのない存在になっていく過程は見ていてとても温かい気持ちになりました。

この映画の登場キャラクターは皆動物ですが、彼らを私たち人間に置き換えて見ることもできます。

人種の違い、考え方の違い、それらをどう乗り越えればいいのか?という問いに対するヒントがきっと得られると思います。

単純に可愛いキャラクターのアニメーションとして楽しむも良し、自分たちに置き換えて考えさせられるも良しの大変良い映画だと言えるでしょう。