完全なるチェックメイト

 

感想

これは、面白い…!

浮世離れした天才を演じさせたらピカイチの、トビー・マグワイアの演技が光っています。

『ボビー・フィッシャーを探して』という映画をご存知でしょうか?

ストリートのチェス勝負で才能を開花させた天才少年が、稀代の天才チェス・プレイヤー、ボビー・フィッシャーに憧れながら、スランプを乗り越え、チェス大会に挑む…という、実話を基にした物語なのですが。

この作品は、ボビー・フィッシャーの波乱万丈の半生を描いた伝記映画になっています。

映画を観る限り、なんとも破天荒な人物だったようですね。

幻聴に悩まされていたり、誰かに監視されている妄想に取りつかれていたり…

しかし、それもむべなるかな、冷戦下のアメリカとソ連の代理戦争を担うことになった、とてつもないプレッシャーのなか、神経をすり減らしながら、チェスという競技に没頭する姿は、まさに極限状態。

鬼気迫る迫力の描写は、映画だというのに、リアルタイムで中継されている真剣勝負を観ているかのようで、固唾を飲んでしまいました。

ボビー・フィッシャーを取り巻く脇役たちも、それぞれ思惑を抱えているのですが、良い味出していました。

チェス大会の政治利用…というのか、冷戦時代、アメリカとロシアが対決することが、双方の国民にとって、どれだけの意味を持っていたかが、まざまざと見てとれて。

たかがチェス、されどチェス、命がけの戦いだったのだということが伝わってきて、興味深かったです。

オリンピックの競技種目としてチェスを追加する案が出ている理由が、なんとなく、わかるような気がしました。

チェスに興味があるなら是非、おすすめです。感想