イップマン 葉問

ドニー・イェン主演のアクション映画で「イップマン 序章」の続編。

ブルース・リーの師であり詠春拳の達人「葉問」をモデルとしたオリジナルストーリーとなっており、イップマンが香港に渡った後の物語となっています。

セリフの中に葉問口訣に通じるものがあり、詠春拳ならびに葉問の理念に触れられ、大変興味深い作品です。

前作よりアクションシーンも増え、何より作品ごとにアクションのスタイルを変えるドニー・イェンの見事なまでのアクションが、今作でも健在で撮影時が40代後半だとは到底思えないほどキレのあるカンフーを披露しています。

特に市場での大立ち回りは素手・武器ともに詠春拳としてもアクションとしても大変見ごたえがあります。

最後のイギリス人ボクサーとの戦いもクライマックスにふさわしいアクションで最後まで観ていて飽きることのない作品です。

なお本作の続編で「イップマン 継承」が2017年4月に日本公開されており、元ボクシングヘビー級チャンピオンのマイク・タイソンと立ち回りをしています。