ハドソン川の奇跡

 

感想

2009年1月15日に起きた航空事故を題材とした映画です。

最近〜2010年代の出来事に感じていましたけど、もうそんな前の話になるんですね。

 

主人公は「サリー」ことチェズレイ・サレンバーガー機長。

彼が機長を務めていた1549便が離陸直後にバードストライクでエンジン2基の推力を喪失。

離陸直後で高度をあまり取れていなかったのもあり、出発したばかりのラガーディア空港に引き返す事も、近くにあるテターボロ空港に向かうことも困難と判断したサリーは、機をハドソン川上空へ誘導。

そのままハドソン川に不時着させました。管制官らが絶望する中、奇跡的に乗客155人全員が無事に生還。

しかし、国家運輸安全委員会による事故調査の中で、左のエンジンは復帰できた可能性や、数値シミュレーションにより二つの空港へ引き返せる可能性が高かった事が発覚します。

それにより「サリーは本当に英雄だったのか?」が問われていく事になるのでした。

 

委員会の調査結果、最後に出した結論については映画や実際の記録などを見てもらうとして、その結果が出るまでの色々な検証や事情聴取にハラハラさせられました。

奇跡的に全員が生還したとはいえ、事はジェット機墜落ですからね。有耶無耶で片付けていいものではありません。

委員会としては何が原因で、この結果が本当にベストだったのかを細かく追及していかなければならないわけで。

対する機長と副機長は当然ながら「他に方法はなかった」と主張しますし。

これは現実の委員会も判断が大変だったろうなと思わされます。

 

機長が最後に「全員生還の鍵が私だったというのは間違いです。

副機長や添乗員達、管制官や救助に駆け付けてくれた方々、そして乗客の皆さんも含めた全員が力を合わせて生き残ったのです」と言っていたのが印象的でした。

確かに機長一人でどうにかできる事態ではなかったんでしょうね。

いや、誰が一番すごかったかと言えばそれはもう文句なしでサレンバーガー機長なんですけど、そこから更に「一人も欠けることなく全員で生還する」という奇跡にまで到達するには、やはり関係者全員の努力と決断が必要だったのだと思います。

着水からわずか4分後に、近くにいたフェリーが救助に来てくれるとか。

そういう咄嗟の事態に迅速に人命救助に動く人達の姿に感動しました。感想